寝る時以外はネットの世界に移住している私が日々得られたお役立ち情報を発信中

ドル高円安トレンドは本当に終わっていないのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レセプト債

110円台へ急落した2月12日・その後のマイナス金利導入のお陰ですっかり円安モードが消えかかってしまい120円でポジション持ったままの私にとっては冴えない相場が続いてます。

スワップ目的で試しに購入したオーストラリアドルでさえも80円台に何とか取り戻したものの以前マイナス4万円の大赤字です><
オーストラリアドル

そして今日の朝相場を見ながら何気なく目にしたダイアモンド社のニュース記事を見たら何と2017年頃まではドル高円安トレンドで動くとの事。

主な要因は過去のトレンドから分析して7~8年下落した後に2~3年底ばい・その後5~6年上昇する一定のリズムだからとの事

過去の相場を分析すれば今後も通用するかと言われたら必ずしもその通りに行くとは思えないけど・・・ヾ(・ω・o) ォィォィ

とまあ参考になるようでならない記事でしたが、この説明を信じると2017年にはドル円は7年間より下落傾向になるという事は解りました。

今年と来年ぐらいは円安ドル高傾向が続いてそれ以降は円高ドル安が続くという事か~(・・?

でも2020年に東京五輪までは株高傾向が続くと以前参加したM2Jのセミナーで聞いたんだけど・・・

まあこの時のセミナー講師で予想してた武者さんは2015年度末には1ドル130円になると予想してたのに120円止まりでしたのでもはや当てにしてませんですが・・・

という事なので鵜呑みにせずどちらに傾いてもリスクを最小限に減らせるようなポートフォリオを組むことが今の私には必要だと思いました。

これがまた難しいんだよな~(;´・ω・)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。